宝交早生

houkou-wase_gazo
(兵庫県育成)

「宝交早生」の名前の由来は宝塚で交配された品種で「宝交」、そして開発当時、他品種と比較すして早くから出荷出来る品種ということで「早生」、この二つを合わせ「宝交早生」と名付けられました。

果皮、果肉とも柔らかく、多汁性のイチゴです。

甘さ

3.0

酸味

3.0

硬さ

1.0

「幸玉」×「タホー」

露地栽培の定番品種です。

促成栽培では、電照、加温で草勢維持が必要です。