イチゴ品種一覧

イチゴは、大人から子供まで幅広い年齢層から好まれる野菜です。
風邪が流行する冬季に、手軽にビタミンCが摂取できるのも嬉しいところです。

さて、イチゴは何粒食べれば一日の摂取量をカバーできるのでしょうか?
1個当たりの重量によりますが、およそ8粒から10粒程度と言われております。
イチゴは先端が一番甘く、へたに向かって酸味が強くなっていきます。

つまり、ヘタの部分まで赤く色づいたいちご、首が少し長いいちごもおいしいサインとなります。

では、いちご狩りに出かけるのに最適な時期はあるのでしょうか?
12月から6月までのシーズン中、おすすめなのは・・・ズバリ!極寒期の2月頃!

高温化では酸の分解が十分に達する前に色づきますが、寒い時期は逆に分解が十分にされたころに色づくため、美味しそうな赤い実を獲れば、酸っぱくないということになります。

ただ、イチゴには早生系、晩生系とあり、品種により収穫に最適なタイミングが異なります。 園により取り扱い品種が異なるため、園に直接問合わせすると ベストシーズンがわかるかもしれません。