サツマイモ品種一覧

さつまいも 「サツマイモ=飢餓の食べ物」?!
かつての日本では古くは江戸時代から第二次世界大戦後まで、凶作や飢饉、戦時中など食べ物がない時に、さつまいもは多くの人々を飢餓から救いました。

近年のサツマイモブームにより、国内にはとどまらず、海外などでも注目を集めております。コンビニスウィーツでも、手軽に焼芋を楽しめる時代となりました。

木枯らしがふく季節、ほくほくに焼きあがったさつまいもを割ったときに、湯気とともに甘くて香ばしい匂いが立ち込める―なんとも至福のひと時です。

ところで、収穫したてのさつまいもは甘味が無いことはご存知でしょうか。

これは、さつまいもに含まれるでんぷんが、日を追う毎に糖化する為です。甘みの強いさつまいもにするためには、新聞紙などに包んで2週間以上保管するとよりおいしくいただけます。

また、さつまいもは上手に保管することにより、長く楽しむことができます。
ただし、水分を嫌う為、洗わず土付きのまま保管してください。
また、冷気にも弱いため冷蔵庫保管はお避け下さい。
新聞紙に包み、日光の当たらない涼しい所で保管する事をお勧めいたします。
        
さつまいもは「ねっとり系」「ほくほく系」など品種により食味が異なります。
どうぞ、お好みの品種を探してみて下さい。